FC2ブログ
まっさらな心を 傷つけないように 約束をしよう

あれから2年
私が割と学校に行くようになってから2年。
というよりも勉強するようになってから、というのが正しいか。
あの辺りに turning point があったのだろう。そう、まさしく……

ニートな時期も結構あったような気がするけど、それ以前とはかなり違った2年間だった。
もう2年経ったのかと思う気持ちと、まだ2年なのかと思う気持ちが両方あるよ。

2年後は何してんのかねぇ。あんまり変わらない気もするなあ。
うん、がんばろう。



という記事を書こうと思って、気がつくと三週間も経っていた。

9月はダメだったね。かなり。
特にご飯をちゃんと食べなかったのがよくなかった。
そのせいか10月の頭は体調不良に……
おなかは痛いし、睡眠は不定期だし、しっかり食べると下痢になるっていう。

1日0食とか、ダメ。絶対。



ようやく、らんだむダンジョンを一通りクリアした。
まだあのボス倒してないけど。
なかなか良いゲームでした。お勧めです。
耐性を考え出すとなかなか終わりませんw

しっかし、ゲームパッドは便利ねー。



続きは私の数学についての所感。



「数学」

応用しないと面白くないというのはたまに聞く。
が、私の感覚とは違う。
応用が重要でないと言っているわけではない。
応用も面白いが、それ以外にも面白いものがある。

私はね、数学の「構造」そのものに興味があるのだよ。
……ピンとこないかな。
あれがああだからこうなってこれが結論される、っていう論理とか。
ううん、なかなかうまく言葉にできないなあ。

感覚の違いを挙げるならば……
例えば、定理や命題について。
きちんと証明を理解しようと思うか、結果が分かればそれでいいと思うか、きっとその辺の違い。

定理の結果ばかりに興味がある人は、「構造」には興味がないのかな、と思う。

“~という条件を満たすものを~と呼ぶ”など。
名前をつけるからには、そういう性質を持ったものを区別するだけの意味がある。
どういった意図で、どうしてそういう風に名前をつけたのか。
すぐには分からなくても、それを分かろうとしたか、そうでないかの違いはとても大きい。

定義や定理の結果を覚えるだけの勉強。
そりゃあつまらないだろうよ。



そうそう。
イメージから式を組み立てるときに、イメージからそのまま式が出てくるわけではない。
まず厳密な式があって、それを分かりやすく解釈したのがイメージ。
だから、イメージはあくまで参考なのだよ。

よく全微分の式の説明に、方向がどうのこうの言い出すのだが……
適当にやってるなあ……と思うことが多々。
十分近くで成り立つとか、言い回しが曖昧すぎるんだよ。
デルタ使うならオーダーくらいつけてよ。



上では数学の、と言ったが。
「構造」なら、数学にかかわらずいろいろなものに興味があるなあ。



物事の何に興味があるか。
これって、その人間を非常に良く表すと思う。

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © あっ!島だ!. all rights reserved.